サバミソポケット

ゆるりと書きます( ˘ω˘ )質問、応援、雑談など、コメントお気軽に( ˘ω˘ )

映画の感想『500日のサマー』ネタバレあり

こんにちは。

ミソニです( ˘ω˘ )

 

 

今日の映画は

『500日のサマー』

 

 

2009年のアメリカ映画

日本での公開は2010年

 

 

 

 

あらすじ(ネタバレ無し)

 

トムが働いているグリーティングカードの会社

そこに秘書としてやってきたサマー。

2人は「ザ・スミス」というバンドが好きで

そこから仲良くなる。

 

トムはサマーに好意を抱き

サマーもトムに好意を抱く…

でも、

サマーは真剣に付き合う気はないと断言。

トムはそれを甘んじて受け入れ

友達以上恋人未満?のような関係がつづく…

 

そんな2人の500日間のお話。

 

 

 

 

感想(ネタバレあり)

 

ここからはネタバレを含みますのでご注意を!

 

 

 

 

 

 

 

この映画はトムとサマーの500日間を

いったりきたりで構成されています。

 

ざっくり時系列をまとめると

 

   1日目  出会い

 28日目  会社の飲み会で急接近

      友達になる

 31日目  会社でキスする

 34日目  IKEAデート

      友達以上恋人未満になる

 35日目  お泊り…

 109日目  サマーの家にお泊り…

 259日目  喧嘩

 282日目  IKEAデート

 290日目  サマーから距離置く発言

 402日目  同僚の結婚式で久々に再会

 408日目  サマー主催のパーティにトムも参加

 440日目~ トム荒れる

 456日目~ トム再起動

 488日目  久々に再会

 500日目  終わりと始まり

 

 

こんな感じです(笑)

 

 

 

34日目のイケアデート

このシーンは本当にあれです。

ただの幸せなカップルのデートを

延々と見せられるだけのシーンです(笑)

 

ここから35日目のお泊りにつながるのですが、

トムはこの日サマーに告白します。

 

が、サマーは

「真剣に付き合う気はない」

と。

めちゃめちゃいい感じやのに。

意味が分からないトム。

 

でもとりあえず関係を壊したくないし

サマーと一緒にいられるなら…と

恋人にはならない

あくまで友達

という状態を受け入れます。

つらっっっ!

 

 

そこからはとても良い感じに毎日が過ぎ

まるで恋人同士のようなデートを重ねます。

 

 

 

 

259日目の喧嘩

バーで飲んでいた2人に見知らぬ男が絡み

トムは相手を殴り、それ以上に殴られ

サマーは激怒。

なぜか喧嘩に発展。

ここから2人の関係は少しぎくしゃくしていきます…

 

 

 

282日目のイケアデート

34日目の幸せなイケアデートと打って変わって

サマーはトムの目を見ない。

触れようとしてもかわす。

明らかに様子がおかしい。

その後トムはサマーから、会うのを控えようと言われます。

いや~~~

かわいそう。

 

 

402日目の結婚式

サマーは既に会社にいなかったのですが

同僚の結婚式で2人は再会します。

久々に会って話して

やっぱり気が合うし楽しい。

また良い感じの雰囲気になってきて

しかもサマー主催のパーティにも誘ってもらって

トムは大喜びでパーティに向かいます。

 

 

 

408日目のサマーのパーティ

ここでは画面が

理想と現実のスプリット構成になります。

 

理想は…

久々の再会。

2人の距離感も元に戻り

沢山話をしていい感じ…

 

現実は…

やっぱり触れようとするとかわされて

2人きりにはなれなくて

最終的に見てしまった衝撃のものは…

サマーの左手の薬指に指輪!!!

それを見て

トムはダッシュで帰宅。

そして荒れ狂う。

 

 

 

488日目に再会

荒れ狂った後にやっと再起し

就活中のトム。

サマーとの思い出の場所に行くと

そこに彼女もいました。

久々に再会。

 

サマーは結婚して

すっかり遠い存在。

色々話して

「運命じゃなかった」

と言われる。

も~つらすぎやろ。

 

 

 

 

 

500日目

とある会社の面接にいくトム。

そこで偶然出会った女性と

なんとなく良い感じになり

デートに誘います。

そしてOK。

 

その女性の名は…

 

”オータム”

 

 

 

というわけで

500日のサマーが終わり

500日のオータムが始まるわけです。

お~~~

ナイスなオチ。

 

 

 

感想

 

まずサマー。

ちゃんと

「友達として」

「真剣に付き合う気はない」

って言ってるよ。

確かに言ってる。

けど、結婚するほど親密な彼がいるのに

トムと明らかに友達以上の関係をもったのは

なぜじゃ。

理解不能

だけど可愛いしユーモアあるし

そりゃ好きになるわよ…

罪な女よ…

 

 

次にトム。

確かに利用された感じだし

怒るのも無理はない。

しかしなぜ甘んじた!

「真剣に付き合う気はない」

って言われた時点でアウトだ!

まぁでも

とはいえ

良い感じなのは変わりないから

そのまま関係を続けていれば

そのうちちゃんとこっちを見てくれるかも…

っていうのは分かる。

めちゃくちゃ分かるよ~~~~

つらいよね~~~~

 

 

 

オチは、

よく言われている

「その人とうまくいかなかったのは

 本当の運命の人と出会うため」

みたいなあれですよね。

サマーとうまくいっていたら

オータムと出会うことはなかったから。

 

振られた側(トム)は結果的に

ハッピーエンドというか

新たな始まりを手に入れられたので

よかったです(TT)

 

 

そして

サマーの奔放さや

堂々としているところ

ナチュラルなところ

ずる賢さ(無意識だとしても)が

すごく羨ましいです。

 

 

 

ミステリー映画ではまったくないですが

一体このあとどうなるのだろう?って

ドキドキわくわくしながら

観ることができて面白かったです( ˘ω˘ )